磯自慢 純米吟醸 山田錦 55 はせがわ酒店PB

By | sake | No Comments

磯自慢
ラベルからしてはせがわ酒店PBの磯自慢。はせがわ酒店は定期的にレアな磯自慢を出してる。

控えめなバナナの香りから、口に含むとふわっとやさしく旨味が膨らむ。磯自慢独特のパワフルフルーティな味わい。ラベルに兵庫特A山田錦というキングな酒米と、静岡酵母のなかでも吟醸香高い「New-5」と自社培養酵母と記載があって妙に納得するのであった。なにか食べたくなるお酒。静岡の海の幸と一緒にいきたい。

磯自慢

酒屋にあったらとりあえず買っとけパターン。

出雲富士 27BY純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒

By | sake | No Comments

出雲富士
島根県の出雲にある小さな酒蔵「富士酒造」。島根のお酒なんぞほとんど知らないが、とある人と島根の話で盛り上がったのでラベル買い。

生原酒ということで、若干のとろみもあり、生酛のような乳酸も強く感じる。全体として丸い印象で、万能な食中酒。

出雲富士
アルコール度数 :16度
原料米 :山田錦100%
精米歩合 :55%

而今、名前の由来

By | sake | No Comments

而今ファンとして要チェック。

銘柄の由来は永平寺を開いた道元禅師が残した言葉で「過去にも囚われず未来にも囚われず、今をただ精いっぱい生きる」という意味があり、蔵の家訓ともなっています。初めて而今を出荷した当初は蔵全体でわずか120石の生産でした。現在は而今だけで700石以上を醸していますが、それでも生産が追い付かないという人気ぶりです。近年は海外にも出荷しています。

赤武 純米吟醸

By | sake | No Comments

赤武
赤武酒造は東日本大震災で打撃を受けた蔵の1つ。蔵は津波で流されてしまい、一時は廃業も考えたそうですが酒造りを再開。そんな復活の蔵の若い杜氏の古舘龍之介さんと蔵人達が醸すニューウェーブ。武者の兜姿のデザインのラベルがユニークですな。

吟醸フルーティな香りと清涼感があり余韻は心地よい甘み。ワイングラスでゆっくり飲むのがいい感じ。岩手県が独自に研究開発した酒造好適米「吟ぎんが」。岩手といえば宮沢賢治。銀河鉄道の夜ということで、酵母は「ジョバンニの調べ」という、岩手の文化的テロワール感もいい感じ。

赤武
原材料: 吟ぎんが
精米歩合: 50%
酵母: ジョバンニの調べ
日本酒度: +9
酸度: 1.2
アルコール分: 16%

羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒

By | sake | No Comments

羽根屋
全米日本酒歓評会2014の金賞受賞酒。この煌火は羽根屋ブランドを全国区に押し上げた、火付け役と言える1本だとか。個人的には羽根屋プリズムでブレークしたけども。羽根屋の年間製造量は約500石と小さく、製造数に限りがあるので、首都圏以外では入手困難かもしれない。

味わいは華やかできれいでピュアな印象。グラス越しの香りは控えめだが、含むと華やかさがふくらみ、羽根屋独特の上品な余韻を残しながら喉を通りぬけて、後はほどよくキレる。香りが強いタイプではない、ザ・北陸の酒。口当たりは非常に柔らかい。

羽根屋
原材料:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:+3前後
アルコール分:16%

栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 リープイヤー2016

By | sake | No Comments

栄光冨士
山形県の人気酒「栄光冨士」のスペシャル限定品。2月29日の閏年に特別に上槽した新酒しぼりたての純米大吟醸。

2016年丙申(ひのえさる)は、閏年(リープイヤー)2016年2月29日に搾った愛山50%の純米大吟醸無濾過生原酒。フルーティーな吟醸香が広がり、愛山の特徴のある旨みと甘みとコクのバランスよし。4年に一度を記念した特別ラベル。

まぁ上品な感じで旨いんだけど、「超限定」とか「4年に一度」とか「次は2020年オリンピックしか飲めないぜ」的なことになると、言ったもの勝ちな感じが否めない… 「1/1461の奇跡」って4年に1回を言い換えただけなんだけど凄いパワーだなw

栄光冨士
行きつけの店で店長がしれっと出してくれました。いつもありがとうございます!

ちえびじん 純米 ひとめぼれ

By | sake | No Comments

ちえびじん
地元大分産の「ひとめぼれ」を使用した純米酒。「ちえびじん」のルーツは、中野酒造の代々続く銘柄「智恵美人」。創業者の奥様「智恵」さんの名前にあやかり付けたのが始まりだそうで。漢字の智恵美人が従来の地元のお酒という位置付けで、ひらがなの「ちえびじん」は特約店限定品。

中野酒造の仕込水は、地下200mから湧き出る水で粒子が細かく、非常になめらかな軟水。「食の五輪」といわれる「モンドセレクション」で、3年連続で最高金賞受賞したらしい。すごいね!

香りは控えめで、口に含むとフワーッと米の旨味と雑味が広がり最後はキレる。柔らかい飲み口から水の良さを感じる。前菜から焼き物まで幅広く対応できそうだが、食中酒として優秀かと。精米70%とくれば、やはり常温orぬる燗がオススメ。

ちえびじん
原材料: ひとめぼれ
精米歩合: 70%
日本酒度: +1
酸度:1.7
アルコール分: 16%

花陽浴 山田錦 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

By | sake | No Comments

花陽浴
新酒しぼりたて&パイナップルのような香りと上品な蜜のような甘みの新進気鋭な酒。花陽浴。

蔵も小さく少量生産。さらに袋吊りで最初に垂れてくる極少量の部分、雫酒のおりを丁寧に集めたあらばしりなおりがらみ。かなりレアな感じ…

トロリとしたパイナポーな味わい。うまい。おみごと。

まだまだ知られていないお酒だけども、十四代、而今に次ぐ、いわゆる名実そろったブランド酒になりゆるポジションに花陽浴はいると思う。

原材料:山田錦
精米歩合:55%
アルコール分:16〜17%